DX(デジタルトランスフォーメーション)で店舗ビジネスを加速 | ALL41株式会社

NEWS&TOPICS

お客様の声:温盛の台所 えんがわ

導入事例

いつもと変わらないことが、躍動感に繋がる

温盛の台所 えんがわ オーナー 佐藤幸男さん

オウンドメディア集客
SEO
MEO / Google Map

ざっくり要約

  • コロナに負けるな!お祝いで使われる店に。全室個室・各部屋換気扇を完備
  • 各層の年齢の方々により早く伝わる、目に留まるサービス
  • Instagram以外からも見てきました!と言うお客様が増えていることを実感

多くの飲食店が新型コロナウイルスによる影響を受け、営業体制の見直しや、一時休業などを余儀なくされました。多くのお店が広告を止める中で、そんなコロナ禍の先まで見据えてTsunagarUの導入に踏み切ったお店はたくさんあります。
今回はそんなお店のひとつ「温盛の台所 えんがわ」に、TsunagarU導入についてお聞きしてきました。

今回インタビューしたお店について

温盛の台所 えんがわ(埼玉県熊谷市)
藍色の暖簾が目印。金沢漁港や築地直送の海の幸、A4ランク以上の黒毛和牛のお肉など、豪華食材を惜しげもなく使用した和の創作料理を提供。「ぬくもり」「プライベート」あるれる個室は会食や接待、記念日など様々なシーンでご利用いただけます。

新型コロナウイルスによる影響は?

―2020年4月の緊急事態宣言を受けて、多くの飲食店やサービス店が一時休業するなどしました。率直に温盛の台所 えんがわさんもかなり影響を受けたと思いますがどうでしょうか?

佐藤 新型コロナウイルスの発生から、外出自粛要請中の期間は感染拡大防止を踏まえて、休店を考えました。そんな中、地元のお客様からコロナに負けるな!お祝いで使いたい!」という様なお声を多数いただき、全室個室・各部屋換気扇を完備、完全予約制にし自粛営業を行いました。

佐藤 ノウハウが無くテイクアウトや弁当販売もはじめました。正直注文が本当に入ってくるのか、話題のツールを導入した方がいいのか、本当に手探りの状態でした。

そんな中、地元のお客様や常連のお客様に助けられて注文も少なからず入りましたし、厳しい状況の中なんとか今も続けることが出来ています。

TsunagarUの導入を今決断した理由とは

―今回このタイミングで導入を決めた理由はありましたか?

佐藤 知り合いからの紹介もあり一度話を聞いてみようと思ったのがきっかけでした。今では画期的なサービスだと思っていますが、当時は想像が出来ずまったくイメージが出来ませんでした。

聞きなれないサービスなので不安はありましたが、Instagramを活用することにより「各年齢層の方により早く伝わる、目に留まるサービス」だと思い今回導入を決定しました。

実感が出来る

―実際にTsunagarUを導入してみていかがでしょうか?

佐藤 画像が多くなったこともそうですが、何よりInstagramに投稿した最新の画像が常に表示されます。なかなか、こういった取り組みは長続きが難しいなと思うことも多いのですが最新の画像が常に表示されるので、更新できている実感を感じています。
やっていることはいつもと変わらずInstagramを投稿しているだけですが、ページに躍動感が生まれてきて、Instagram以外からも見てきました!と言うお客様が増えている気がします。

―Instagramを投稿する上で意識していることはありますか?

佐藤 今日の旬な魚・野菜などのおすすめを載せています。変わった食材の時は特に細かく食材の内容を書くようにしています。

「温盛の台所 えんがわ」が大事にしていきたいこと

―温盛の台所 えんがわさんが、これから大事にしていきたいことやこだわりについて教えていただけますか。

佐藤 和を中心とした創作料理がお酒と共に堪能できる居酒屋です。各漁港からの海の幸、A4ランク以上の黒毛和牛のお肉など、品質の良い食材を使用しています。お酒も日本酒をはじめ、料理にふさわしい銘柄を各種取り揃えています。食材にこだわり、お客様に満足して頂けるよう頑張っています。
料理・サービス、隅ずみまで行き通った心使いを心がけ、温もりを盛り付けるお客様の縁の側に居られるような店「温盛の台所えんがわ」のなに恥じぬよう日々精進しています。

これからTsunagarUをどう活用していくか

―今後のTsunagarUについて是非。

佐藤 オシャレに撮るようしていますが、まだまだなのですが、画像には注意をしながら投稿しています。是非そのあたりのアドバイスもいただけると嬉しいですね。

お問い合わせ ページトップへ